TCGとかゲームとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【DM】侍ギアと魔銃【妄想】

注意!
これは全方位カードファイルなど、ほとんど公式を無視した妄想話です。

侍ギアと魔銃がどうして出来たか真面目に考えてみた。

まずは侍ギア。
そもそもクロスギア自体、不死鳥編ではすでに失われている。これを考えると、誰かが製造したと考えるのが妥当だろう。
誰が?と聞かれたら、サイバーロードだろう。理由はほぼ唯一、終末魔導大戦を知る種族だから。ドラゴン等もいるが、おそらく伝承の類。サイバーロードは休眠状態だったので、記憶してるだろう。また、記録装置も生きてたら完璧。

次は魔銃。
魔銃もサイバーロードが作った可能性が高い。しかし、コンセプト上、光文明の種族も作れると思う。
理由。魔銃はある程度の互換性があるということ。魔弾を撃てれば良いのだから基幹技術を共用すれば生産可能。
恐らく、ロマノフの魔銃、紫電ドラゴンのギアはプロトタイプ。専用魔弾、ギアがあるのはそのため。

超銀河弾、超銀河剣は、製造者の極限の挑戦では無いかと思う。最終的に、どれだけの破壊力を持つか、いわゆる最強を作り出すのは技術者の到達点の一つ。
その結果が荒廃なのだが。

いかがだったでしょうか?フロム脳並の妄想力で書いてみましたが、信憑性はあると思います。
結局俺設定ですがね!
こういう世界観を考えるのもアリじゃないかなと思います。

それでは!
スポンサーサイト
[ 2009/12/30 16:42 ] デュエマ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。